自費診療

プラセンタ注射

プラセンタ注射プラセンタとは胎盤のことで、赤ちゃんとへその緒で繋がっています。そこから赤ちゃんへ栄養や酸素を供給し、成長を支える重要な役割を果たしています。そして、胎盤には多くの栄養素や成長因子(タンパク質、アミノ酸、核酸、ビタミンなど)が含まれており、細胞の育成や活性化に役立っています。
この胎盤から抽出された有効成分を含むエキスを注射することで、プラセンタが体内に取り込まれ、美容や疲れなどに効果を発揮すると言われています。
当院では、医療用に使われているプラセンタ注射薬の中で、メルスモンを使用しています。メルスモンとラエンネックの2つの製剤は、厚生労働省で医薬品として認可されており、日本国内の産婦人科で健康な母親から正常分娩で生まれた胎盤を使用して製造されています。

このような方におすすめです

  • 肌荒れの方
  • 二日酔いの方
  • 疲れが取れない方
  • 冷え性の方
  • 更年期障害の方
  • 肩こり、腰痛の方
  • 体調を維持したい方

プラセンタ注射の効果

プラセンタ注射の効果
  • 更年期障害による頭痛
  • ほてり
  • 腰痛
  • 疲労感
  • 肝機能障害などの症状のある方
  • 美肌になりたい方
  • シミ・シワ・にきび予防
  • 細胞の若返り
  • 肝臓の解毒作用向上
  • 抗アレルギー作用

メルスモンについて

注射について

メルスモンは基本的に皮下注射です。
pHや浸透圧が細胞液と同一で安全性の高い薬剤を投与する方法です。
効果の発現は筋肉注射に比べゆっくりです。また皮下組織は柔らかいので、痛みが少ないのも特徴です。

頻度について

プラセンタは定期的に打つことをおすすめめします。
週に2~3回が望ましいです。

プラセンタ注射の料金

自費診療の場合

※初診料 1,500円が別途必要です。(初診のみ)

1アンプル 1,100円
2アンプル 1,800円

保険診療の場合

45~59歳までの方が対象です。
※初診料 1,000円、再診料500円が別途必要です。

プラセンタ注射のリスク・副作用

  • プラセンタ注射を受けると献血ができなくなります
  • 穿刺した部分の疼痛
  • 注射部位の内出血や発赤
  • アレルギーによるショック